--:--:--

最近の訃報

忌野清志郎さん
2009年5月2日逝去
享年58歳

ロック重要故人ランキング

リンクポリシー

当サイトはリンクフリーです。
バナーリンクをご希望の場合はコチラをご利用ください。

情報提供のお願い

この世を去ったアーティスト達の功績が後世に語り継がれるよう、訃報や当サイトに掲載されていないこの世を去ったアーティスト情報、また誤りがありましたらフォームよりご連絡をお願いいたします。

⇒ 情報提供フォーム

フレディー・マーキュリー

バイオグラフィー

1946年9月5日、イギリス領タンザニアのザンジバル島ストーンタウンで生まれる。5歳からピアノを習い、フレディーの音楽キャリアは幼いころに始まった。父の仕事の都合でインドに移り住み、高校時代はボンベイの全寮制高等学校で過ごす。その頃からいくつかのロックバンドを経験し、クイーン時代同様ピアノとボーカルを担当していた。その後一旦ザンジバルに戻るも内乱の発生によりイギリスへ渡り、イーリング・アートカレッジに進学し、グラフィック・デザインを学ぶ。その後、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが在籍していたバンド「スマイル」からベース兼ボーカルのティム・スタッフェルがバンドを脱退すると、後任としてフレディが参加。1970年7月12日のライヴよりクイーンと名乗り始める。ベーシストは何人かの入れ替わりの末、オーディションでジョン・ディーコンが正式メンバーとなる。

名前 フレディー・マーキュリー(Freddie Mercury)
本名 ファルーク・バルサラ(Farrokh Bulsara)
バンド クイーン(Queen)
パート ボーカル、ピアノ
出身地 タンザニア・ザンジバル・ストーン・タウン
出生日 1946年9月5日
命日 1991年11月24日(満45歳没)
死因 HIV感染合併症によるニューモシスチス肺炎(旧名・カリニ肺炎)

1972年、ファーストアルバムとなる「戦慄の女王」が録音されるもレコード会社との契約の問題で1973年7月13日にリリース。当初はレッド・ツェッペリンやイエスのフォロワー的扱いを受け、さらにメイクをしていたことから時代遅れのグラムロックバンドというよう酷評された。翌年には「クイーンU」をリリース。メディアの評価は依然低かったもののアルバムは全英5位にランクインするなどヒットとなった。1974年にはサードアルバム「シアー・ハート・アタック」からのシングルカットである「キラー・クイーン」が世界的にスマッシュヒットとなる。1975年には初来日しメンバーが驚くほどの熱烈なファンの歓迎を受ける。当時ベルサイユの薔薇が大流行していた日本ではクイーンの中世ヨーロッパを彷彿とさせるようなルックスと、クラシック音楽やピアノをフィーチャーしたサウンドがうけてクイーンの人気は高かった。1975年11月21日には最高傑作と謳われている「オペラ座の夜」をリリース。多重録音とオペラ調のサウンドを全面に出した「ボヘミアン・ラプソディ」はロック史に残る名曲となった。

1980年にリリースした「ザ・ゲーム」では80年代のポップミュージックシーンを意識した曲調の大幅な変化や、シンセサイザー使用の解禁などで大ヒットをし、第二の黄金期と呼ばれるも、当初からのファンはグラム調のアイドル要素のあるバンドとして登場したクイーンとのギャップを許容できず、離れていくファンも少なくなかった。この頃からブライアン以外のメンバーは髪を切り、フレディーの衣装もバイセクシャルをアピールするかのような露出の多いものになり、それまでのクイーンのイメージとあまりにもかけ離れたルックスになっていく。1980年代中ごろにはメンバーの不仲説による解散の噂や、フレディーのHIV感染の憶測が頻繁に飛び交うようになったが後に自ら公表するまで否定をし続けていた。1985年にはライブエイドに出演し絶賛され、これを機に解散説も払拭。音楽性も当初の曲調に戻していく。

フレディー・マーキュリーの最後

1990年代に入り、バンドの出発点であるハードロックアルバム「ザ・ミラクル」でヒット。メディアではライブは近々行われると期待されていたが、フレディーはこれを否定。この頃にはフレディーの病状が悪化しライブの敢行が困難ある状況であったことが後に明らかになった。メンバー4人の顔が合成されている印象的なジャケットデザインや、次作の「イニュエンドウ」がわずか1年あまりでリリースされたことからも読み取れるように、フレディーは死期を悟っていたかのようであった。そして、「イニュエンドウ」のリリースから1年も経っていない1991年11月23日、かねてより噂になっていたHIV感染を公表。翌24日、HIV感染合併症のひとつであるニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)により他界。享年45歳。ロック史上最高のヴォーカリストと評された珠玉のミュージシャンの最期であった。その後、フレディーの遺言によりクイーンでもっとも売れた曲「ボヘミアン・ラプソディ」の印税をエイズ基金「テレンス・ヒギンズ・トラスト」に寄付。それを受けて再発されたシングルCDはイギリス史上初の同一曲2度の1位を獲得した。 1995年にはフレディ、ジョン在籍時クイーンのラストアルバムとなる『Made In Heaven(メイド・イン・ヘヴン)』発表した。

フレディー・マーキュリーの墓の場所・地図

Lake Geneva,Montreux,Switzerland
(フレディの遺言により、遺体は遺族により火葬され散骨された。遺灰はフレディーが生前に暮らしていたスイスのモントルーにあるレマン湖に撒かれたといわれている。レマン湖の畔にはフレディーが拳を突き上げる銅像が立っており、ファンはここを訪れる。)


大きな地図で フレディー・マーキュリーの銅像 を表示

  • ストップドラッグ!
  • イーココロ!クリック募金